コーマックマッカッシー

140709_2214~02
小説家です

全ての美しい馬 血と暴力の国
(二冊とも誰かにお貸しして返って来てないなぁ~
 以前もBlogに書きましたが 返してくださいね~)

の二作品が有名です

アメリカ映画は

ある作家の作品が映画に向いている(当然小説としても優れている)

となると

連続して映画化される

スティーブンキング然り ジョンアーヴィング然り

そんな中

コーマック氏の 血と暴力の国(邦題 ノーカントリー)が映画化された

いずれコーマック氏の小説は

誰かが取り上げて

ジョンアーヴィングのように

連作で映画になっていくのではないかな?

と 思っています ならないかもしれないですが、、、、、

そんなコーマック氏が

小説ではなく

彼自身が脚本を手掛けた映画 悪の法則 を先週観ました

賛否が分かれる作品であるようですが

僕は面白かったです

だたノーカントリーのような

映画自体としての魅力は弱いかなと

映画は総合芸術でありますから

役者 俳優 脚本 美術 音楽 監督 絵、、、、

それらが噛み合うことは奇跡に近いのでしょうね

この映画ははずれたな と感じても

それでもいつも映画は大好きです

僕にとっては

ライブも同じだなぁと 最近感じています
(昨夜のライブが良くなかったって話しでは決してありませんよ)

ノーカントリーも悪の法則にも

ハビエル・バルデムという役者が出演しているのですが

ノーカントリーでは どう育ったらこうなるんだ?

とバックグラウンドがまるで読めないが

哲学を持った冷徹な殺し屋

悪の法則では 気の良いやつだが

麻薬の密売に関わっている金持ち 

二作品をその視点で見比べてもおもしろいですよ~

なんだか映画の話しで終わってしまったな

昨夜 ↓ 亮治氏 新曲良かった!

山口竹文 ・ カミジ ・ 土田聡子 ・ 塩倉亮治

今夜 ↓

クボケンイチ ・ 矢野あいみ ・ NILLA ・ オラン

open 18:30 start 19:00 Charge \2,000 + 1drink
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

STAX FRED

Author:STAX FRED
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード