ちょっと長い文章ですが この企画を話すには、大切なことですので。  朗読・オブ・ザ・リング vol.3

 20175063jpg.jpg20175062jpg.jpg20175061jpg.jpg20175064jpg.jpg20175065jpg.jpg
昨夜 ↓

シサン企画  朗読・オブ・ザ・リング vol.3

月原昌子 ・ 猫道(猫道一家) ・ 山田庵巳 ・ 松浦湊 ・ コビー夏山 ・ ジョー長岡

関わってくださったみなさん

ありがとうございました!


過去二回を経て

グンと良くなった方

初回参加で圧倒的だった方。

過去三回出演されている方々と

新旧入り交じり

三回目の昨夜も

とても興味深い一夜となりました。

単純に おもしろい とか

良かった、

というだけの判断基準だけではみられない

そこが良いんです

この企画は



ぼくは個人的には思っています

だって オリジナル作品の朗読 ですから、

一言では言えないし、

とても難しい挑戦なんです。


昨夜

アフターで

湊氏 シサン氏 コビー氏と

詩人の定義、みたいな話しになった

ぼくは

コビー氏と出逢ってから

詩の朗読会みたいなものに

何度か足を運んだ

それは

オリジナルの詩であったり

世間一般に知られた詩であったり

ばくには聴き馴染みはないけど

詩人の作品であったり。

ステージで

パフォーマンスをするのだから

当然話し言葉の延長となる

そうするとそれは

ポエム というよりは

リリックスに近いよな、

とずっと思っていて

でもパフォーマーの方と

お話しする機会がなんどかあり、

質問すると

決まって帰ってくる言葉は

詩人です と。

ひとつここでお断りをさせて頂きますが

この文章は

非難や中傷ではないです

昨夜のアフターに話しは戻り

続けます。

話しの流れでの湊氏の発言が

個人的には とても的を得ていました

彼女の考えを要約すると

*詩人というのは

 書籍として作品を発表しているひとのことをいう*

*詩は本来、読み言葉としての作品である*

というふたつ。


著名な方の詩を

所謂 プロの方がステージで朗読をする、

というステージを

見たことがありますが

それは

とても素晴らしいものでした

既に知っている作品であるにも関わらず。

それは

その方が読み手のプロであり
(ぼくのみたのは、役者さんがやられているものでした)

当たり前ですが

明らかなミスのような

読み間違いはなく、

ステージでの所作

ステージ衣装

声を使い方

間の取り方

魅せ方

全てが

ステージに立つパフォーマーとして

確立していたからと

ポエムを

パフォーマーの技量で

リリックスに

変換させて朗読していたからだとおもいます


少し乱暴な言い方になってしまいますが

ステージで繰り広げられるものを

観たひとは

ただ個々の感性で

ただ観たままに受け取ります

そして

芸能というのは

問題定義の場でもあり

何故そうなったか、や

どういう意味を持ってなのか、等を

考え 意見を飛び交わせる

そんな機会を与えてくれる場でもあるし

そんなことは排除して

良かった 良くかなった 

という判断のみでもいい

だからなにがあってもいいのですが

演者があまりにも

自分の立ち位置を意識しすぎて

力技での説得を多様してくると、
(功を奏すことも勿論あるとおもいます)

ステージも

ステージを降りた後も

多弁となる

もしくは

多弁な印象を与えてしまう

難しい、、、、


上記の事柄を

個々の詩人 パフォーマーが 

個々の裁量でぐるッと包摂して

で、

どうする?

どうみえる?

と対峙しながら

オリジナル作品を朗読する

だから

やられる方はとても怖いでしょうが、

観ている方は

とても緊張感があり、

とてもおもしろい。


長くなりましたが

まず企画者のシサンさん、

毎回の行き届いた気遣い、準備、

お疲れさまでした と ありがとうございました!

そして演者のみなさん

ありがとうございました!

半年後の12月、

シサン企画  朗読・オブ・ザ・リング vol.4で

またお逢いしましょう ♪

午前二時、

帰路につきました〜 


さて 今夜も頑張る 笑 ! ↓

小川生 ・ 市村 譲 ・ 捨てcats in ダンボールズ ・ サギ
 
open 18:30 start 19:00 Charge ¥2,000 + 1drink







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

STAX FRED

Author:STAX FRED
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード