散文

眠れないときは

案外 直ぐに諦めます

ベットに横になって

1時間眠れなかったら

翌日にもよりますが

まあしょうがないか、と

起きてしまいます

そこで

音楽聴いてしまうと

神経を刺激してしまうようにおもうし

考え込んだりしてしまうこともありますので

なにか本を引っ張り出して

読みはじめることが多いです

ですが

なんだか今夜は

pcを開いてみました

おまけに音楽も聴きながら


僕は

ライブハウス ライブバー

呼び方はどちらでもいいのですが

そういった場所をやっていますので

ライブのある日 仕事の日は

日常ではない

ある種の緊張感と

日常ではない興奮が伴います


ひとりでやっているので特にだと思うのですが

箱がはけて

皆さんが帰られた後

箱の片付けをするのですが

そのとき

耳鳴りがするような無音のなか

暫く動けないことが多々ありまして

未だにその感じを

上手く処理出来ず

なんとも表現しがたい心持ちになることがあります

仕事を終えて

今日の反省点等を

真の意味で

相談出来る相手がいない

ということは

客観性が欠如しているんじゃないか、

と感じてしまう夜があるからなのかなと。

いままでの職種を振り返っても

なんだかえらい仕事をはじめてしまったなと

おもうことが未だに結構あります 笑


何年やったとか

何年続いたとか

14年だから次は15年目だとか

あまり考えたことがなく

ただ不思議と

やめるということも全く考えたことがない

矛盾して聞こえるかもしれませんが

もう俺には無理だから

やめたいな、と刹那的におもうことは

かなりの回数あります


オープンした時から

こんな箱にしたい、

という明確なものははっきりとありまして

そこは基本的には

全く変わっていない

ただそのようにできているのか?

と問われれば

未だ模索中で

水面下で手足をバタバタさせている


46のおっさんが

32ではじめた頃と

基本変わっていないというのも

なんだかおかしな話しですが

そうなんだから仕方ない

と諦めてもいます

一個だけ 変わったかもしれないな

と思う事は、

水面に刺激を与えて

そこに出来る偶然の模様は

実は偶然なんかじゃない、

ということがわかったことかな

とおもっています


だらだらと書きましたが

要は

今を生きているみなさんと

僕も貴方も ご多分に漏れず、ということ。


今日は蒸していましたが

それなりに過ごしやすい一日でしたね

仕事だった方も

休みだった方も

楽しかった方も

辛い一日だった方も

そのなかで、それなりの、

健やかな一日であったらいいなぁ〜と

ボォ〜ッとそんなことを。

なんとなく文章にしていたら

ちょっと眠たくなってきました。

明日からまたライブ !

ベットに戻ります

おやすみなさい〜





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

STAX FRED

Author:STAX FRED
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード