散文(ぼくもそのひとりです)

地震によって

原発事故によって

被災にあわれた方々に 土地に 

いまのぼくが出来うることを考えて 

微力ながらも

ひとつずつ 実行したい

いっこやったら また 次を考える

もくもくと 次になにが出来るかを 出来る範囲で考える

そして実行したい 

実行不可の場合は

これまたぼくの出来る範囲で

最強の想像力を使い想像する

そのなかで これはいいな と感じたことのみ

情報を共有する為の発信をする


原発で 放射能漏れを防ぐ為に働かれている方々の

おおきな勇気に、

被災地で人名救助をされている自衛隊の方々のおおきな勇気に、

メディアには載らないひとびとの 復興への強い意志に、

心折れて絶望しても 生き抜こうとする姿に、

近くにいるひとを全力で守ろうとするおおきな勇気に、

ぼくは多大なる尊敬の意を持っていたい


否定的であったり 肯定的であったり

希望があったり 悲観的であったり

いろんな想いが

デジタルの文章に出回っています

ぼくはどの想いに対しても 否定も 肯定もしたくないな

と 

思っています


こんなにも大きな災害にあって

こんなにも大きな災害を近くで体験して

みんななかなか冷静ではいられないのだとおもいます

なにかしなきゃ

の善意の気持ちが

出来ることは限られているのに

過度に加速している気がします


そもそも

blogというものが ツイッターというものが持つ性質は 

個々の感情を 良いも悪いも無く

世間におおっぴらにする

というものだと ネットサーフィンをしていて感じます

だからこそ

普段は自由であるべきで(制御も不可能ですし)

だからこそ

こういった状況では乱用することは危険なのだとおもいます


どちらが正しく

どちらが間違っているのでもない

という暗黙のルールの上に成り立っているもの

それが

匿名性の強い

バーチャルなネット上での世界だと思います

だとしたら

まずは

面と向かって言えないことは

書かない

そこから意識しないと

せっかくの善意の気持ちや

貴重な情報も

有効に活かされないのではないか?

個人的には そう思っています


買い溜めも
(大家族で幼い子がいるかもしれないし 
 
 身体の不自由があって滅多に買い物に出られない不安感からかもしれない)

ガソリンも
(病気の家族を病院に連れていく為にどうしても必要なのかもしれない)

東電も、、、、、、 
(もしかしたら ぼくらはそこの社員として働いていたかもしれない

 そして 彼らにも友人がいて家族がいる)

でも

都内在住でそんなに買い溜めをする必要はない、

という意見には ぼくも現時点では賛同していますし

本当に必要なひとだけが給油するなら

こんなに売切れになるはずはないな、とも思いますし

東電の対応に振り回されて動けない苛立ちもわからないではないです
(特に病院等の生命を左右する仕事をされている方々)


blogもツイッターも

凄く有効な情報が沢山あって

もの凄く便利なツールであることには間違いない

便利で 使い方も間違っていないのだとも思います


ただ

原発のように

どこから支障をきたすかわからない


甘いのかもしれませんが

隣のひとも同じひとと考えて

面と向かって言えないことは書かない


まだぼやけていてわかりませんが

ぼくはまずそこから意識して

今回の被災にも ネットにも

向合ってみようとおもいます
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

STAX FRED

Author:STAX FRED
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード